MaykaWorld
MaykaWorld

アレンエドモンズダルトンウィングチップドレスブーツレビュー:心のこもったダイナイトソールを備えた完璧な冬のシティブーツ

アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツダイアナイトソールとの長い恋愛の後 アレンエドモンズのストランドモックブローグ 、私は一流のアメリカの会社からもっとサンプリングしたいと思っていました。ブローグだけが提供する素朴なエレガンスが好きだったので、もっと同じものが欲しかった。

しかし、町や都市での着用に適した黒のものも欲しかったのです。それにもかかわらず、フランスはリヨンの北のどこかで洪水と吹雪を経験しているので、彼らは丈夫で頑丈である必要がありました。


幸いなことに、アレンエドモンズにはたくさんの選択肢があります。 BespokeUnitの創設者であるPaulAnthonyと一緒にオプションをスクロールすると、私の心はビートをスキップしました。 ダルトンウィングチップドレスブーツ 。

田舎道と石畳の通り

アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツボックスこれらのブローグウィングチップだけでなく、Strandmokで私が愛した象徴的なダイナイトソールが付属していました。クルミもありますが、黒のオプションに飛びついたので、少しバラエティに富んでいます。これらの要素の組み合わせは、私のニーズを満たすのに最適です。

一方で、ダイナイトソールを備えたブーツフォームは、あらゆる自然災害に耐えることができます。その間、滑らかな黒い革とブローグのディテールは私が求めていた優雅さを提供しました。


全体的な結果は、威厳のある外観のための頑丈でありながら優雅な履物でした。私の散発的なものに従うもの 私はヴィンテージ愛好家のようなものだということを知っています。しかし、ブリーの田舎の家で跳ね回るとき、私は毎日これを抑える傾向があります。



とはいえ、私はこだわりのあるテイストを持っていると思い、いつもの服装でもその古き良き時代を維持したいと思っています。したがって、パリの泥だらけの畑と舗装された通りの間をさまようときは、しっかりと作られたブーツが理想的です。


アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツの機会

ありがたいことに、アレンエドモンズのダルトンウィングチップドレスブーツは、どのような環境でもがっかりすることはありませんでした。

ダルトンウィングチップドレスブーツの詳細

箱から出してすぐに、これらの素晴らしいブーツを作るために含まれる優れた職人技を賞賛するのは難しいことでした。ヒップスターによって永続化された通常は頑丈なブーツスタイルにもかかわらず、これらのブーツは他のドレスシューズと同じくらいエレガントでした。


アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツ&バッグ

つま先がフルでふくらはぎの高さのアッパーが伸びたシェイプは、オフィスとストリートの両方に理想的なシューズの理想的なバランスを提供します。つま先のメダリオンのブローグなデザインは、圧倒されることなく細部への本質的な注意を示しました。

同様に、ブーツのエッジ全体のミシン目または「パーフィング」は、モチーフと滑らかさの理想的なブレンドを追加しました。ただし、アレンエドモンズは、より都会的で素朴でない外観のために、「ピンク色」と呼ばれる装飾的な鋸歯状のエッジの使用を省略しました。これらが何であるかについてもっと知りたいですか?私たちに向かう 靴の解剖学のページ 詳しく知ることができ!

実際、上記の詳細により、これは翼端とブローグのハイブリッドのようなものになっています。なので 翼端のガイド ピンク色の欠如はこれらの特徴であり、「緊縮財政のブローグ」と呼ばれることもあります。その間、ミシン目はあなたが完全なブローグから期待する通りです。

最後に、ダイナイトソールに見られるオレンジ色のステッチとそれに合わせた裏地は、マイルドなポップな色の素晴らしいタッチでした。外側と同様に、革はすべての適切な領域で柔らかくしなやかなプレミアムカーフスキンから作られています。

プレミアム建設

アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツグラス真の靴愛好家にとって、このプレミアムブーツも360°グッドイヤーウェルトで作られていることを知って喜ぶでしょう。この労働集約的な技術は、比類のない耐久性とその寿命の間に定期的に靴を解決する可能性を提供します。

しかし、ダイナイトソールは非常に頑丈で頑丈な追加であるため、これが必要になるとは想像しがたいです。個人的に、私は彼らの信憑性のために革底を好んでいました。それでも、アレン・エドモンズの2足の靴を試したので、私が回心したと見なすことができます。グリップ力と耐久性に優れているため、コブラーへの移動が少なく、地面にしっかりと固定できます。

私はまた、この靴を作るために使用された特定のラストがとても好きです。ラストは事実上、靴の最終的な形状を決定するために使用される木型です。この場合、AllenEdmondsは社内の42Lastを使用しました。これは、美しいアーモンドのつま先の形状と滑らかなアーチの輪郭を提供します。

後で説明するように、強化されたプルタブも祝福であり、抵抗に関係なくブーツをすぐに滑らせるのに必要な強度を与えました。

靴のサイズとブーツレザー

アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツ&ダイアナイトソール

プレミアム企業であるアレンエドモンズは、標準サイズだけでなく、さまざまな幅の靴を提供しています。したがって、ニーズに応じてより適切なものを選択できます。私自身、私の要件はかなり平均的です。したがって、私は提供されている標準の「D」オプションを選択する傾向があります。

とともに Strandmokブローグ 、これらは完璧にフィットしました。しかし、足首にダルトンブーツを履くと、フィット感は少しタイトになりました。ブーツがはるかに高く取り付けられていることを考えると、これはおそらく私の側の見落としでした。たぶん私はカンクルを持っていますか?

幸いなことに、これはそれほど問題ではありませんでした。数時間着用した後、しなやかな黒革が非常にうまく機能しました。さらに、強化されたプルタブにより、ブーツを損傷する心配がなく、滑りやすくなりました。

最終的に、ブーツは完璧にフィットし、非常に快適に着用できました。物語の教訓は、サイズを選択するときに足首とふくらはぎを考慮に入れることを忘れないことです。

丈夫で用途の広いブーツ

アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツフォーマルルーブルジュネーブの凍るような通りで最初にテストされたブーツは、氷のように冷たい滑走路に対するスリッパのようでした。世界的に有名な川岸を散歩していると、白熱の街灯の下でしなやかな革が輝きました。

シンプルなチノパンとレインコートを組み合わせることで、一般的なビジネスカジュアルな外観の役割を美しく果たしました。すばやく磨いた後、将来の使用に備えて、ブーツを付属のファブリックバッグに戻しました。

数日早送りすると、後で洪水や雪に覆われたパリで飾られます。スリーピースのスーツ、ヴィンテージのオーバーコート、ベイカーボーイキャップと組み合わせると、完璧な仕上げになりました。

終末論的な状況からはほど遠いものの、パリの街路は氷で舗装されており、歩くのは非常に危険でした。幸いなことに、ダルトンの丈夫なダイナイトソールは、怪我と恥ずかしさの両方から私を定期的に救うためにそこにありました!

私の故郷の村に戻ると、彼らは再びいくつかの用事で何気なく着用されました。泥とザラザラしたロードソルトにもかかわらず、しなやかなカーフスキンレザーはほとんど傷がなく美しく磨き上げられました。彼らは多くの褒め言葉を受け取りました、そして私は町への私の次の旅行でそれらを振り回すのを楽しみにしています!

アレンエドモンズダルトンウィングチップブローグブーツロックス

最終的な考え

これらのブーツの欠点を見つけるのは難しいです。フィット感は私にとってタイトな側面でしたが、アレンエドモンズはそのような問題の交換を提供しています。ブーツ自体に関しては、その丈夫で耐久性のある構造は、ほとんどすべての気象条件であなたに同行することを意味します。

ただし、悪天候に限定されるものではなく、春や初秋でも理想的です。思いやりのあるデザインのおかげで、一年中ほとんどどんな機会にも組み合わせることができる用途の広い靴です。

あなたが私のようでブーツが大好きで、ある種の優雅さを保ちたいのなら、 アレンエドモンズダルトンウィングチップブーツ 理想的な選択です。ここでは、最もフォーマルな機会から泥だらけの畑をぶらぶら歩くまで、何かを伴うことができます!

推奨読書: